中途採用、経過報告

中途採用者二名の経過だが、なかなか地頭が良いといった感じです。

最初の2週間は、ビジネスマナーをしかっりとやってもらい、

次の1か月はIT業界のこと、SESのこと、PCのこと、ソフトウェアのこと

なんか、無茶苦茶、多いな身につけること・・・(;^_^A

それなりについてきてくれて、元気があり、とてもいいです。

2か月目は、実際の開発作業(工程、作業内容、成果物)といったところを

教えた。多分、プログラムを作ることが仕事の殆どだと思っていたのか、

辛そうな顔をみることが多かった。

「SEは、9割くらいが、こんな泥臭い仕事なんだよ。」と言ったが

如何せん、現場に出ないと温度感はわからんわなーと考えていた。

「・・・あっ、そうだ。社内ソフトウェアを創ってもらおうっと。」

要件定義から始まり、基本設計、詳細設計、製造/UTといった工程を

やってもらっているが、成果物が多いこと多いこと。

まっ、身につけるためには、通らなければならない訳だが、画面設計

くらいから、楽しくなってきたかな。という感じである。

今は、詳細設計をすっ飛ばして、実際に製造してもらっているが

これは早く動く「モノ」を作ってもらって、今までの成果物がどういう

風に役立っているのかという繋がりをわかってもらうためと

スケジュールと自分の技量とのバランスを確認してもらうためだ。

結構、遅くまでやっているようで、やる気は凄い。

息が切れなければいいんだが。そのモチベーションを保ってあげるのが

今の私の志事というところかな。(;^_^A

研修あと1か月。頑張っていこう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です